法人向け火災保険活用

法人でも火災保険を活用できます

火災保険を活用することで、不動産バリューアップ、資金繰り改善が期待できます

法人所有の不動産に

法人でお持ちの不動産の保険を活用することもできます。

戸建て、アパート、マンション、ビル問わず活用のチャンスがあります。

区分で所有または転貸している場合でも、火災保険契約者となっていれば活用できます。

お客様へのサービスに

取引先、顧客、ご友人に火災保険の活用をご紹介可能です。

資金繰りに悩む方にはありがたいサービスになります。

ご紹介頂くだけで、その後の説明や実行は全て弊社で行いますのでご安心ください。

運転資金補充に

実は火災保険で得たお金をその修繕に使う義務はありません。

修繕で建物のバリューアップを図るも良し、事業の運転資金に充てるも良しです。

法人所有のみならず、個人所有の不動産についても活用可能ですので、ぜひご相談ください。

火災保険活用の仕組み

弊社が行う火災保険活用の助言サービスは、精度の高い見積りと熟練の知識により満足度の高いサービスを実現しています。

①契約中の火災保険の「保険証券」の写しを頂きます。

②火災保険が適用可能か調査します。

③工務店等へ見積りを依頼します。

④保険会社と交渉します。場合により現地調査に同行致します。

⑤保険金が確定しましたら、御社指定の口座に振り込まれます。

ダイムラー・コーポレーションの強み

①安心のコンサルティングのみの契約

火災保険金活用に関するトラブルの多くは、「リフォーム工事付帯」で契約し、保険金が下りなくとも工事契約は有効だとしてオーナーに出費を強要しているケースです。

特定商取引法(無料診断と称してリフォーム契約が目的であることを隠すこと)や独占禁止法(複数の契約を抱き合わせにして消費者の契約の自由を妨げていること)の違法性が疑われています。

私たちのコンサルティングは、お客様へ安心してご利用頂けるよう、「コンサルティングのみの契約」となっています。

完全成功報酬であり、保険金の使い道は自由です。工事先の指定もございません。

例えば、弊社に依頼して144万円が入金された後、ご自身で工務店に30万円で工事依頼した事例もございます。

②完全成功報酬

交通費実費(関東無料)を除いて、実際にお客様の口座に入金があるまで報酬は一切頂きません。

「ほんとに火災保険使えるのかな?」と心配されている方も、ご安心してお問い合わせください。

③高精度の見積り

他社より圧倒的に優れているのは、保険金請求時の見積り精度です。

未熟な業者ですと、根拠のない見積りを保険会社に提出し、保険会社との交渉に負けてしまうことがあります。

この場合、見積り依頼した事故については解決済みとなり、再度請求することが非常に難しくなります。

また、低報酬割合を強調している業者もございますが、そもそも保険金請求額が低ければ、お客様の手残り金額も少なくなってしまいます。


私たちは他業者よりも報酬割合が高いですが、それでもお客様の手残り金額が多くなるような請求が可能です。

熟練の知識と技術にぜひお任せください。

アンテナの傾き,保険,144万円
雨どいの変形,保険,145万円
屋根の破損,保険,150万円

写真はわかりやすい例ですが、実際はオーナー様が気づかないような破損も数多く見つかっています。

お問い合わせ

完全成功報酬&調査費無料

(関東以外は交通費実費)

Translate »